神は存在するのか

カテゴリー:

諏訪大社

いきなり度肝を抜くようなタイトルで申し訳ないが、実は、小さな頃からそんなことばかりよく考えていた子どもだった。

「神の存在」とは?という明確な命題を持っていた訳ではないが、「人はどこから来て、どこに行こうとしているのか」「人の存在とは一体何か?」などについていつも考えていて、その先に「神の存在」への疑問があったのだ。

今どう考えているか。「神は自分自身である」と思っている。別に宗教的な話でもカルトな話でもない。神社が好きでよく行くのだが、(自分より十歳以上も若い)人生の師匠からこう教わった。

「神社には鏡(カガミ)が祀られているでしょう?鏡に写るのは自分であり、カガミからが(ガ:我)を取ったら[カミ(神)]が残りますね」と。

シャレのような話だが、言葉には不思議な成り立ちがあるから、あながちシャレだけの話ではないと思う。最近よく思うのだが、生きていて、壁にぶつかったり、思い悩んだりすることが誰もがあると思うが、その時に感じるのが、「答えはいつも自分の中にある」ということ。つまり、「すべては自分の中にある」。

迷ったり悩んだら、自分に尋ねるのだ。そこに求めている答えが必ずある。伝説のアクションスター、ブルース・リーにもこんな名言がある。「神が存在するとしたら、自分の内側にある。何かをもらうために神に頼みごとをするべきではない。自分の内面にある意志に頼るために、神を頼るのだ。」