震災がなかったら今の自分はない

ホーム代表コラムスタッフブログ

震災がなかったら今の自分はない

カテゴリー:

震災がなかったら今の自分はない

九州での地震の被害が大変なことになっている。

神戸出身者として思い出すのは、やはり「阪神・淡路大震災」のことだ。震災当時は、神戸市須磨区に住んでおり、会社も神戸にあったので、それはもう大変な思いをした。だから、神戸で震災を体験した者としては、今までも、そしてこれからも1/17は特別な日なのだが、震災から二十年目を迎えた昨年の1/17はさらに特別な感覚だった。

その二十年目の前夜は、気心知れた昔馴染みの友人・知人たちと飲んでいたのだが、なんだか皆いつもになく饒舌で、テンションが違っていた。やはり震災二十年目という一つの区切りでみながそれぞれ想うところがあったからだろう。

「震災が自分にどういう影響を与えたか」とそれぞれ聞いていくと、「あの震災がなかったら、今の自分はなかった」と皆が異口同音に、そしてそれを肯定的に言っていたのがとても印象的だった。かくいう自分も、震災がきっかけで起業独立したし、できた。

いま被災している人達はとてもそんな余裕はないだろうが、何年か経ち「あの震災がなかったら、今の自分はなかった」と肯定的に言える日が一日も早く来ることを祈ってやまない。

すべて万事塞翁が馬・・・、人生無駄はない。