森羅倶楽部のサービスが目指すところ

ホーム代表コラムスタッフブログ

森羅倶楽部のサービスが目指すところ

カテゴリー:

森羅倶楽部のサービスが目指すところ

この会社はもともと「シニア」を対象にした事業を行うという主旨で設立したが、出会いの場を提供し始めた4年前は、若い層を主体にサービス提供を行っていた。

理由は、当時在籍中の大手結婚相談所出身のスタッフに、「中高年・シニアをターゲットにするなんて業界の常識では考えられない!」とたしなめられていたからだ。理由は、若い人に比べてニーズが少なく、ニーズが少ないから儲けも少ない。儲けが少ないから、大手はどこもやらない、どこもやらないないから入会しても紹介できる相手がいないとのことだった。

しかし、私としては、若い層を相手にしたサービスは、あくまで「シニアに生き甲斐を提供する」という事業をやるための足掛かりとして捉えていたし、テストマーケティング的に実施していた中高年・シニア向けのイベントで手応えを得ていたので、独自で会員を集めていけば、対象をシニアに限定しても、事業として成り立つと考えた。

また何より、「こういうサービスを求めていた!」「頑張って続けて欲しい」と言ってくださる方の声が後押しがあり、森羅倶楽部として、50歳以上の方だけを対象とするサービスに移行させたのだ。

現在では、大手結婚相談所もこぞって50代、60代の方々を対象とするようになってきた。しかし、相手の情報を提供するだけの「結婚情報サービス型」の会社だったり、やっぱり高額だったり、入会までは熱心だか、入会後はほったらかしだったり、未だに前時代的に「契約するまで返さない」ってなことをやっていたり・・・。

業界のイメージを貶めるような会社がまだまだ多いと聞く。

嘆かわしい。森羅倶楽部は、そもそもの設立の主旨からして他社と大きく違う。

「シニア」を幸せにすることで、次世代が幸せになり、日本が幸せになり、世界が幸せになる。

その一端となりたいと本気で願っている。