大切なのは「自己分析」。

ホーム代表コラムスタッフブログ

大切なのは「自己分析」。

 サラリーマン時代、そして以前経営していた会社で、就活関連の仕事の割合が多かったことや(現在もやっています)、ここ最近、京都のボランティア志望の学生への支援にも関わり始めたこともあり、学生の動向や企業の情報などがよく入ってきます。そういった中、最近とくに感じるのは、就活のスタイルや、会社を選ぶポイント、働くモチベーション、働くスタイルなどが、昔と比べて大きく変わってきたなということです。

  例の事件から「働き方改革」を実施する企業が増えましたが、例えば、副業OKの会社が増え、コワーキングなどの共働ワークスタイルで仕事をする人が増えてきました。月に行くと話題になった社長の経営するZOZOTOWNでは、9時から15時迄の勤務スタイルでOKとなったり、週休三日の企業もめずらしくなくなってきました。また、企業が学生を選ぶ時代ではなく、学生が企業を選ぶ時代(逆オファー)になったりと、一昔前では考えられないような変貌ぶりです。

 最近の就活で学生が最も意識しているキーワードに「自己分析」があります。要するに、なぜその会社を選んだのか、なぜその仕事なのか、そもそも何がしたいのか、何が好きなのか、何故好きなのかを明確に分析して、それを企業に説明する必要に迫られる状況が増えたからです。

 自己分析の必要性を整理すると、①自分に合った仕事を発見するため ②企業にアピールするため ③自分を理解したうえで生活を送ると非常に充実するため の3つです。昔から言われているのですが、就職活動と恋愛活動(婚活)はとても似ています。

 自己分析を婚活に置き換えて書くと、

①自分に合った「相手」を探すため
②「相手」にアピールするため
③自分を理解したうえで(結婚)生活を送ると非常に充実するため

 どうです?違和感ないでしょう?まず自分は相手に何を求めている、自分にとって大事なものは何なのか整理し、その相手に向かってアピールする。そこでマッチングすれば、きっとうまく行くはずですし、トラブルがあっても耐えていけるはずです。第二の人生の自己分析。一度トライしてみてください。