最近お気に入りの近所のお店の話。

ホーム代表コラムスタッフブログ

最近お気に入りの近所のお店の話。

カテゴリー:

近所に、フランス人の旦那さんと日本人の奥さん夫妻がやられている小さなカフェ・ビストロがあります。住宅街にポツリとある店なのですが、前を通る度、あれ?ここはParisのサンマルタン運河だったっけ?と錯覚してしまうような日本らしからぬ異国情緒溢れる雰囲気。

ずっと気になっていたのですが、何ヶ月か前に店を前をたまたま歩いていると、知り合いがその店で一人で飲んでいるのを発見。ご一緒させてもらうことになり、それ以来すっかりお気に入りで馴染みの店となりました。

ご主人は、フランスの元ジャーナリストで映画記者。当時、奥様はフランスで料理修業をされおり、奥様が修業中の店にご主人が立ち寄ったのが出会いのきっかけなのだとか。奥様はご主人に一目惚れ。しかし、その時は連絡を聞かなかったそうです。分かっているのは、名前とジャーナリストだということだけ。

ずっとご主人のことが気になりながら、しばらく経って日本に戻らなければならないことになり、フランスでの最終日に立ち寄ったカフェに置いてあった新聞をふと手に取ると、なんと!ご主人の記事が載っていたそうです。そこで奥様は、新聞社にすぐ電話し彼とコンタクトを取ります。ちなみにご主人のインタビュー記事の相手は、アラン・ドロンだったそうです!

その後、紆余曲折あり、ご主人は奥様に付き添って来日。店をオープンさせたという訳です。ご主人はなぜか青森出身のシンガー(友川カズキ)が好きで、閉店間近になるといつもそのミュージシャンの曲が掛かります。しかし、なぜか店の雰囲気に合うから不思議です。

この話を聞きながら思ったのは、「願えば叶う」ということ。

また、先日伺った時に奥様が、ある話の流れからこんなことをおっしゃってました。

「なにか悪いことや嫌なことがあると、全部、中国共産党へ飛んでいけ!ってやるんですよ、すると大抵のことが良くなるんですよ。誰か恨むとはではなく、全部吹き飛ばしたらいいんですよ!」

願いも、飛ばすのも念ですね。

とまぁ!とにかくいろいろおもしろいんです。いい店見つけました。