後妻業の女を見て

後妻業の女を見て

映画『 君の名は。』が異例の爆発的大ヒット中だが、「後妻業の女」もなかなか流行っているようだ。
 
森羅倶楽部は結婚相談所ではないが、その要素もあるということで、色んな人にこの話題について振られることが多かった。映画を見たある会員の方からは、「豊川悦司が阪本さんに見えた」と言われ、あのトヨエツと!と喜んでいたのだが、映画を見てみると、なかなかの悪党ではないか。
 
しかし、その豊川悦司と大竹しのぶとが繰り出す関西弁がなかなか小気味良い。この映画が東京弁で展開されていたら、ここまで後味の悪くない映画にはならなかったはずだろう、と思いながら見終わった。
 
この映画は要するに、お金持ちの高齢者を狙って後妻に入り、財産を奪おうとする女性(大竹しのぶ)と、その女性と結託する結婚相談所の所長(豊川悦司)の話だ。もちろん犯罪はよくないのだが、ここに登場する人物達を見ていて、
 
誰が善で誰が悪なのか、よく分からなくなってしまった。相手の年収や財産を求めて結婚を希望するのは、年齢に関わらず世の女性の常だし、美貌や若さを求めるのはどの男性にとっても共通のこと。親の財産を相続するのが当然の権利とは言え、親の面倒を見ずに権利だけを主張するのは、なんか釈然としない気がするし、騙されようが最後若い女性と過ごせ、看取って貰えることは幸せだと思うし・・・。

 
しょせん世の中、良いも悪いもない。人間としての本質や本能と、こうありたいという欲求と、自分の本音などが入り乱れる中で、自分らしく生きて行くしかないということか。
 
そういう意味でも、人生って奥が深く業が深いな。