いつも目の前に現れるサイン。

ホーム代表コラムスタッフブログ

いつも目の前に現れるサイン。

カテゴリー:

人生はいつも選択の連続だ、とはよく言われることですが、ある統計によると、「人は1日に約1万回以上の選択と決断をしている」んだとか。でもまあ考えて見れば、朝起きてから、まず何をやるか、何を食べるか、どんな服を着るかなど、日々、実に様々な選択や決断をしています。

その殆どは一瞬のうちに決めてしまうようなものばかりですが、時に大きな決断を迫られることがあります。そんな時、みなさんはどうするでしょうか。

私の場合ですと、今まで一番決断を迫られたことと言えば、前に経営していた会社を合併しないかとオファーを貰った時でしょうか。いったんは直感的に「合併しよう!」と思い決断したのですが、頭で考え出すと迷いが生じてしまい、結果かなり逡巡してしまいました。

半年ほど迷ったあげくいよいよ調印というその日まで迷っていました。そして最終的には合併に至ったのですが、その決断を後押ししたのは「あるサイン」でした。調印が行われる東京へ向かう新幹線の中の電光掲示板に、ある数字(ソロ目)が出てきたのです。

その数字は自分にとってのラッキーナンバーであり、いつも背中を後押ししてくれる、もしくはその行動が間違っていないと示すと感じていた数字でした。そして、笑う程のタイミングでその数字が何度も出てきたのです。今も、投資商品を買うかどうか迷っている時、その数字が出てくると買うようにしています。

また、何かに悩んだり決断を迫られたり落ち込んでいる時などに、街の中のある広告だったり、家で見えているテレビだったり、ふと目にしたモノなどに、ハッとさせられる言葉を見つける時がありますが、それらも自分に示されたサインだと思うのです。

正しいかどうか分かりません。勝手な思い込みかもしれません。でも、その数字や文字が目に入り気になるということは、潜在意識がそれを求めているのだと思うのです。以前にも書きましたが、「求めるアンテナが立っているからそれが目に入ってくる」のだと思うんです。ある種、神頼みの結果でもあり、自分が導き出した答えでもあると思うんです。

一度、目に入る数字や言葉が自分へのメッセージかも?と思って見渡してみると案外役に立ったり、気が楽になったりするかもしれませんよ。